情報共有を習慣化させる仕組みづくり

仕組みづくり

成長しながら結果を出す仕組みづくり
  • 仕組みづくり
  • コンサルタント支援
  • リブランディング
  • 顧客体験デザイン
  • ファシリテーション
  • コンサルティング

つくるひとが提供する仕組みづくりは、「情報共有が習慣化する」ことを目的にしています。どんな課題に取り組むにせよ、共通言語を持ち、それが運用されている環境をつくり、成果を出すことをゴールとして仕組みづくりを行います。

つくるひとが仕組みづくりで大切にしていること

考え方 つくるひとは現場で使えるカリキュラムやフレームワークを提供しています。
それは「正しい考え方を身につける」ことが大切だからです。
習慣化 「考え方」は繰り返すことで自分の道具となります。
現場で使いながら思考の型も身につく仕組みを整えます。
楽しさ 「わかる」→「できる」ためには繰り返しのトレーニングが必要です。
楽しくなければ人は続けられません。
「楽しさ」というエッセンスが必要不可欠だと考えます。

対象となる方

  • 自社でブランド戦略を構築し運用できる仕組みの浸透
  • 経営理念と現場行動を結びつけるクレド構築とその運用の定着
  • インナーブランディングを加味した教育オンラインシステム構築と
    販売力向上を連動して推進
  • 組織力を高めるために経営意志を明快にそれを軸とする
    組織運用の仕組みと遂行力を整理整頓
  • 不活性プロジェクトを見直し、ふさわしい仕組みを整えることで活性化

事例

某大手美容店舗経営会社

自分たちの約束と行動の理念ブック
当初の声がけ
100年企業を目指して、ブランディングをしていきたい。
成果
このプロジェクトに選出されたメンバーが、
インナーブランディングの推進する中心メンバーとして成長を遂げる。
インナーブランンディングを推進するバイブルを自分たちの力で制作。
社内への定着企画も選出メンバーが立案し運用。
過程
ブランド戦略の基礎知識を2日間で研修後、選出メンバーとプロジェクトスタート。
社員全員が経営理念を暗唱できる状態だったが、
経営理念の言葉に含まれるキーワードの定義が曖昧であった。
重要キーワードをひとつひとつ点検し、本当に何を約束している組織なのか、そこに選出メンバーが取り組んだ。
約束を明確にし、それを実現する行動と行動を振り返る問いかけをセットにして構築。

ブランド戦略基礎セミナー実施中

9月26日(月)「ブランド戦略基礎」セミナー

仕組みづくりについてのお問い合わせはこちら